【今なら入会金無料!】アメリカ駐在中の小1~高3必見☆海外でも話題の日本語学習AI教材とは>>

当サイトには一部広告が含まれています。

海外受講して分かったスマイルゼミvsチャレンジタッチおすすめは?【画像で比較】

海外で受講するタブレット学習はスマイルゼミ?チャレンジタッチ?

スマイルゼミかチャレンジタッチ、海外で使うならどっちがいいの?

いきなりですが、結論をさきに言うと海外で使うならスマイルゼミがおすすめです。

なぜならスマイルゼミは ” 専用タブレット ” 以外の受け取りが一切ないので、海外での負担がとーーーっても少ないから。

チャレンジタッチは年3回、日本で教材の受け取りが必要です。

ただ、アメリカでチャレンジタッチとスマイルゼミを両方使っているわたしとしては「条件が合えばどちらも使えるから比較してほしい」というのが正直な気持ち。

そこで今回は、「海外で」2社を使うとどんな違いがあるのかを画像たっぷりでいろんな角度から比較し、リアルな口コミを紹介します。

ぜひこの記事を最後まで読んで、お子さんにピッタリなタブレット学習を選んでみてください。

この記事の結論

【海外でスマイルゼミがおすすめの子】

  • 今日の勉強をサッとはじめたい
  • 海外での受け取りはゼロがいい
  • 画面に手をついてスラスラ書けるタブレットがいい

\ かんたん2分♪即日発送! /
資料請求でクーポンとプレゼントがもらえます。

スマイルゼミの無料資料を請求する>>

【海外でチャレンジタッチがおすすめの子】

  • 楽しい雰囲気の教材で勉強したい
  • 日本に年3回教材の受け取りや海外への発送を頼める人がいる
  • タブレットで日本の本を読みたい(本1,000冊が読み放題)
\ 小学生が好きな通信教育№1! /
資料請求で教材見本と詳しい資料がもらえます。

チャレンジタッチの無料資料を請求する>>

【海外受講】スマイルゼミと進研ゼミチャレンジタッチを比較

概要

スマイルゼミチャレンジタッチ
海外での使いやすさ
〈総合点〉
85点
海外での使いやすさ
〈総合点〉
70点
料金

入会金0円
月額3,278~7,260円
料金

入会金0円
月額3,250~6,370円
専用タブレット代
×
10,978円
専用タブレット代

0円
専用タブレットの海外発送
×
日本での受け取り
専用タブレットの海外発送
×
日本での受け取り
教材の受け取り

タブレット以外受け取りなし
教材の受け取り
×
年3回日本で受け取り
教科書準拠
教科書準拠
対応科目
国語・算数・英語
理科・社会
対応科目
国語・算数・英語
理科・社会
無学年

漢字・計算は無学年
小1~中3範囲
無学年

漢字・計算・英語は無学年
(小1~小6範囲)
ポイントの使いやすさ

スターポイントはゲームアプリ
やマイキャラ装飾品に交換
ポイントの使いやすさ
×
努力賞ポイントは
商品に交換(日本で受け取り)
無料体験

2週間無料体験
※ただし日本でのみ
無料体験

スマホで一部
解約金
×
12ヶ月以上で0円
・6ヶ月~12ヶ月は7,678円
・6ヶ月未満は32,802円
解約金

6ヶ月以上で0円
・6ヶ月未満は8,300円
特徴
・2022年秋~
 新型のスマイルタブレット4
全学年
 「画面に手をついて書ける」
特徴
・小1・小2は新型タブレット
(画面に手をついて書ける)
・小3~小6は旧型タブレット
(画面に手をついて書けない)
※再入会しても新型にならない
海外利用の問題点
タブレットが壊れたら面倒
海外利用の問題点
タブレットが壊れたら面倒
日本で教材の受け取りが必要
スマイルゼミ公式>>チャレンジタッチ公式>>

スマイルゼミとチャレンジタッチはどちらも「一部の教科については無学年学習ができる」ようになっていますが、基本的には教科書準拠で日本の学習ペースで勉強します。(無学年学習についてはあとで詳しく紹介します)

もしすでに日本の勉強に3ヶ月以上遅れている教科があるなら、無学年式オンライン教材の「すらら」を検討してみてください。「すらら」の詳細・口コミ記事はこちら>>

スマイルゼミとチャレンジタッチは専用タブレットの海外発送は行っていません。

タブレットは日本で受け取ってから海外へ持って行くか、実家で受け取ってもらったあと海外へ発送してもらうなど自力で確保してください。

勉強の進めかたや雰囲気を比較

スマイルゼミ

スマイルゼミは、タブレットを開くと「きょうのミッション」という ” 自動で分析されて作られたその子に必要な学習 ” が表示されます。

やらないといけないことが決まっているので、「今日何しよう…」と迷うことなくすぐに学習に取り組めます。

今日の学習がおわったらゲームアプリで遊べるようになっています。

スマイルゼミは少しまじめな雰囲気。まずは勉強して終わったら遊べるよ、というスタイルです。

・チャレンジタッチ

チャレンジタッチは画面を開くとたくさんのボタンが表示されて、子どもが好きなところを自由に使えるようになっています。

選択肢が多いので、毎回何からしようか迷う子もいると思います(^^

真ん中の「教室」をクリックすると、今月学習するべき教材が表示されますよ。

チャレンジタッチはカラフルでかわいいキャラクターが話しかけてきて楽しい雰囲気。子どもがわくわくしながら使えるようなタブレットです。

チャレンジタッチ公式サイトで勉強内容を詳しく見る>>

専用タブレットの大きさや素材

本体の大きさを比較

スマイルゼミの方が一回りコンパクトで、縦幅が1.5cmほどチャレンジタッチの方が大きくなっています。(チャレンジタッチは小3~小6用:チャレンジパッド3)

厚さも5mmほどチャレンジタッチの方が厚いです。

画面の素材を比較

スマイルゼミのスマイルタブレット4はiPadのようにツルツルでうしろのものが映るガラス素材、チャレンジタッチ(小3~小6用:チャレンジパッド3)は画面がざらざらで反射しないプラスチック素材です。

スマイルタブレット4(左)とチャレンジパッド3(右)

スマイルゼミは2022年秋から高級感ある雰囲気の新型「スマイルタブレット4」になり、今後入会する子はどの学年でも新型タブレットが届きます。

スマイルゼミはノートに文字を書くように画面に手をついて書けて、写真も断然画質が良いのでタブレットの質としてはチャレンジタッチよりかなりいいと感じます。

チャレンジタッチも2022年度から新型のタブレット(チャレンジパッドNEXT)が出て手をついて書けるようになりましたが、新型が使えるのは現在小1&小2の子だけです。

小1・小2用:新型のチャレンジパッドNEXT

新型は旧型に比べてコンパクトになりパッと見スマイルゼミに似ていますが画面はプラスチック感があります。

小3~小6の子が入会すると、画面に手をついて書けない旧型のチャレンジパッド3が届きます。

チャレンジタッチは再入会しても新型はもらえません。39,800円を払って新型を購入したとしても3年生以上の内容は非対応なので使えません。(2023.7.5に電話で確認済み)

チャレンジタッチの小3~小6用旧型タブレットは画面の右側で文字を書くようになっているので、タブレットの縁に手を置いて書けて問題なく学習できますよ。

画面の大きさを比較

画面の大きさを測ってみると同じでした。

画面の大きさ

スマイルゼミの「新型スマイルタブレット4」&チャレンジタッチの「旧型(小3~小6用)」&「新型(小1・小2用)ともに、縦13.5×横21.6cm(素人採寸)です。

スマイルゼミの方が本体はコンパクトだけど、画面の大きさは同じです。

無学年学習

スマイルゼミもチャレンジタッチも、基本的には「日本の小学校の学習ペースで教科書に沿って学習」していきますが、一部の教科のみ無学年で学べるアプリが使えます。

無学年学習とは、いまの学年に関係なく学習すること。苦手はさかのぼって学びなおせ、得意な分野はどんどん先取り学習できます。

無学年で学べる教科
無学年で学べる教科無学年の範囲
スマイルゼミ国語・算数小1~中3
チャレンジタッチ国語・算数
英語
小1~小6
小3~中3

・スマイルゼミの無学年学習

小学生のあいだに国語・算数を中学生の範囲まで勉強できるのはスマイルゼミです。

スマイルゼミは小1~中3までの範囲を追加料金なしで学習できます。(チャレンジタッチは小1~小6の範囲のみ)

スマイルゼミの無学年教材コアトレ
スマイルゼミで無学年で使える教材
  • 「コアトレ」(国語・算数の無学年学習ができるアプリ。小1~中3範囲)

※2022年度からの新サービス

スマイルゼミの無学年学習について詳しく見る>>

・チャレンジタッチの無学年学習

チャレンジタッチは「国語・算数」を小1~小6範囲まで学べるアプリ「AI国語算数トレーニング」と、↓

小3~中3レベルの英語が学べるアプリ「もっと英語!Challenge English」が使えます。

チャレンジタッチで無学年で使える教材
  • AI国語算数トレーニング(小1~小6範囲)
  • もっと英語!Challenge English(小1~中3レベル)

英語を追加料金なしで中3範囲まで無学年学習できるのはチャレンジタッチです。

チャレンジタッチの無学年学習について詳しく見る>>

スマイルゼミの英語も小1からはじまりますが、学年により内容が決まっています。※追加料金748円/月~を払えば学年を超えたレベルの高い学習ができます。

海外でのポイントの使いやすさ

海外在住の子どもが勉強で貯めたポイントをいつでも好きなときに使えるのはスマイルゼミです。

息子は「スマイルゼミはポイントを貯めてすぐに使えるのがめっちゃいい」とかなり気に入っています(^^♪

スマイルゼミは「スターポイント」、チャレンジタッチは「努力賞ポイント」という名前。

スマイルゼミのスターポイントは、タブレットのアバター装飾品に交換できます。

一方、チャレンジタッチの努力賞ポイントは商品に交換するため、商品を日本で受け取る必要があります。

わが家は一時帰国のときにチャレンジタッチの努力賞ポイントを使って商品を受け取りましたが、約2年間ポイントは使っていませんでした。

チャレンジタッチの努力賞ポイントは貯めておいて、帰国したときに高いポイントの商品と交換するのもありですね。

【スマイルゼミ】をおすすめする・しない子

スマイルゼミがおすすめの子

  • 今日の勉強をサッとやってしまいたい
  • スラスラ書けるタブレットがいい

スマイルゼミはタブレットを開くと「勉強しよう」以外考えられない雰囲気で、迷うことなく今日の課題に取り組めます。

その子が今日やるべき学びを自動で表示してくれます。余計なものに気を取られず、すぐに学習できます。

そして、とにかくスラスラと本当に文字が書きやすいのがスマイルゼミの高性能タブレット。

チャレンジタッチを2年以上使ってからスマイルゼミも使いはじめた小3の息子は、「スマイルゼミはマジで字が書きやすいんだわ」と。

スマイルゼミを海外で使いたいならこの情報は神!スマイルゼミを海外受講する前に知りたい3つの注意点を口コミという記事をご覧ください。

スマイルゼミをおすすめしない子

「付録教材も使いたい」という子にはスマイルゼミは向いていません。

スマイルゼミはタブレットで学習するだけ。教材や紙のドリルなどは一切ありません。

チャレンジタッチは年3回実験や体験ができるような付録や紙のドリルが届くので、そこを魅力に感じているならチャレンジタッチを検討してみた方がいいと思います。

スマイルゼミの無料資料請求をすると、豪華なプレゼントと限定クーポンつきの資料が届きます。

迷っているならとりあえず資料請求しておくのがベストです。

スマイルゼミの資料請求の内容
クーポンコードと詳しい資料が手に入る!

\ かんたん2分♪ /
資料請求で限定プレゼントがもらえます。

【チャレンジタッチ】をおすすめする・しない子

チャレンジタッチがおすすめの子

  • 楽しい雰囲気の教材で勉強したい
  • 日本に年3回教材の受け取りや海外への発送を頼める人がいる
  • 本を読むのが好き

チャレンジタッチは画面を開くととにかく楽しそうな雰囲気で、思わず開いてしまいたくなるようなタブレット学習で勉強したい子にはピッタリです。

毎日タブレットを開くたびに「今日も来てくれてうれしい♡」などの声掛けもしてくれるので、そういったことを言われてうれしい子にもいいと思います。

日本に住んでいるおじいちゃんおばあちゃん達が「年に3回教材を海外へ送ってあげる」と言ってくれているなら、海外でも楽しくチャレンジタッチを使えますよ。

日本で人気の子ども向けのデジタル本が1,000冊読み放題なので、本好きの子にはおすすめです。

海外で日本の本を買ったら高いですからね~。海外でも無料で読み放題なのは本当にありがたいです。

チャレンジタッチ公式サイト>>

\ 4月号入会で2,500円引き!
今なら1ヶ月から受講OK!
返却すればタブレット代は無料です。

チャレンジタッチをおすすめしない子

  • 日本で教材を受け取ってくれる人がいない
  • 画面に手をついて書きたい

日本で年3回の教材を受け取ってくれる人がいないのであれば、チャレンジタッチは使えないのであきらめるしかありません。

またチャレンジタッチの小3~小6用は新規入会でも再入会でも旧型のタブレットで、画面に手をついて書けません。(小1と小2は新型の「画面に手をついて書けるタブレット」が届きます)

ノートに書くように画面に手をついて書きたい小3以上の子は、スマイルゼミを検討してみてください。

海外で受講する料金

スマイルゼミとチャレンジタッチは海外で利用する場合も日本と同じ料金ですが、日本の住所での申し込みが必要なので注意してください。

入会金はどちらも無料です♪

月額料金を比較
スマイルゼミ標準クラス
(発展クラス)
チャレンジタッチ
1年生3,278円
(3,828円)
3,250円
2年生3,520円
(4,400円)
3,490円
3年生4,180円
(5,170円)
4,460円
4年生4,840円
(5,830円)
4,980円
5年生5,720円
(6,710円)
5,980円
6年生6,270円
(7,260円)
6,370円
12ヶ月分一括払いの場合の月額料金

スマイルゼミの発展クラス(標準クラスと比べて学習量が1.5倍)にすると、毎月500~900円ほど高くなります。

将来日本での受験を考えている子や学習量を増やしたい子は、スマイルゼミの発展クラスはおすすめです。

専用タブレット代
教材名スマイルゼミチャレンジタッチ
専用タブレット10,978円0円

スマイルゼミは専用タブレット代10,978円の支払いが必要です。

画面の反応が良くて文字がスラスラ書ける高性能タブレットなので、1万円払う価値は十分にありますよ。

入会時はスマイルゼミの方がチャレンジタッチより1万円ほど高くなります。

スマイルゼミのタブレットは解約後Androidタブレットとして利用できるので、解約後もムダにはなりません。

スマイルゼミ公式サイトで料金を確認する>>

解約金
教材名スマイルゼミチャレンジタッチ
6ヶ月以内の解約32,802円8,300円
6ヶ月~12ヶ月の
解約
7,678円0円

入会してすぐに解約すると解約金が発生するので、スマイルゼミは1年以上、チャレンジタッチは半年以上使うつもりで申し込むことをおすすめします。

一応、チャレンジタッチはタブレットを返却すれば解約金8,300円を払わずに1ヵ月~解約できるので、海外に持って行くか検討しているなら日本にいるあいだに早めに使ってみるといいですよ。

海外で日本語の勉強を教えてくれる塾などは高額ですが、タブレット学習を利用すれば日本と同じ料金で使えるのでおトク感は半端ないです。

アメリカでうちの近所にある塾1ヶ月分の料金(2~3教科分)は、スマイルゼミやチャレンジタッチ1年分が払えるほど高いです。

海外でも安くて便利な日本のタブレット学習を使わないのは損ですよ。

専用タブレットは日本での受け取りが必須なので、日本の住所で申込みましょう。

チャレンジタッチ公式サイトで料金を確認する>>

【結論】海外受講するならスマイルゼミの方がおすすめ

  • 今日の勉強をサッとやりたい子はスマイルゼミ
  • 日本に年3回の教材の受け取りや海外への発送を頼める人がいて、楽しい雰囲気の教材で勉強したい子はチャレンジタッチ

海外で日本のタブレット学習が使えるのは本当に安くて便利なので、もし迷っているなら絶対に使った方がいいですよ。

もし子どものやる気があって年3回教材を受け取ってくれる人がいるなら、日本でスマイルゼミとチャレンジタッチの両方を使ってみて合う方を海外で続けるのもいいと思います。

それぞれにいいところがあり、わが家はスマイルゼミとチャレンジタッチの両方をアメリカで使っています。

海外で使っている口コミはそれぞれ別の記事で紹介しているので、申し込む前にぜひチェックしてください。

この情報は神!スマイルゼミを海外受講する前に知りたい3つの注意点を口コミ>>

チャレンジタッチはどんな教材?海外で使う5つのデメリットとメリットを利用者が解説!>>


スマイルゼミ公式>>

チャレンジタッチ公式>>
海外での使いやすさ
〈総合点〉
85点
海外での使いやすさ
〈総合点〉
65点
料金

入会金0円
月額3,278~7,260円
料金

入会金0円
月額3,250~6,370円
専用タブレット代
×
10,978円
専用タブレット代

0円
専用タブレットの海外発送
×
日本での受け取り
専用タブレットの海外発送
×
日本での受け取り
教材の受け取り

タブレット以外受け取りなし
教材の受け取り
×
年3回日本で受け取り
無料体験

2週間無料体験
※ただし日本でのみ
無料体験

スマホで一部
解約金
×
12ヶ月以上で0円
・6ヶ月~12ヶ月は7,678円
・6ヶ月未満は32,802円
解約金

6ヶ月以上で0円
・6ヶ月未満は8,300円
特徴
・2022年秋~
 新型のスマイルタブレット4
全学年
 「画面に手をついて書ける」
特徴
・小1・小2は新型タブレット
(画面に手をついて書ける)
・小3~小6は旧型タブレット
(画面に手をついて書けない)
※再入会しても新型にならない
スマイルゼミの
無料資料を請求する>>
チャレンジタッチの
無料資料を請求する>>
  • すでに海外在住で、専用タブレットの受け取りができない
  • 学年を気にせず学べる無学年方式の教材を使いたい
  • スマイルゼミやチャレンジタッチのタブレットが壊れてしまった

という方は、海外でもパソコン・タブレットがあればすぐに学習がはじめられるオンライン学習教材すららをチェックしてみてください(^^ すららの詳細記事はこちら>>

タイトルとURLをコピーしました