【もう迷わない!】海外在住小学生におすすめの通信教育タブレット学習4社>>

当サイトには一部広告が含まれています。

【決定版】アメリカで日本のおいしいショートケーキが作れる生クリームとは?

【決定版】アメリカで日本のおいしいショートケーキが作れる生クリームとは?
  • ショートケーキを作りたい
  • アメリカの生クリームを泡立てたらゆるゆるだった
  • デコレーションケーキに使えるおいしい生クリームを知りたい

アメリカの生クリームはHeavy whipping cream(ヘビーウィッピングクリーム)として売られていますが、いくら泡立ててもゆるゆるにしかならない商品も多くあります。

わたしも渡米したてのころ泡立たない生クリームに出会い、驚いて調べてみると同じ失敗を経験している日本人がたくさんいることを知りました。

そして「生クリームにゼラチンやマシュマロ、ダブルクリームを混ぜるといい」との口コミを見てやってみましたが、正直もうショートケーキの味じゃなくなってかなり微妙でした。

だけど、ケーキといえばショートケーキ!食べたい~作りたい~( ノД`)

そこでアメリカでパティシエをしている日本人の友達に相談したところ、濃厚でおいしいショートケーキが作れる ”デコレーションに最適なアメリカの生クリーム” を教えてもらえたんです。

それからは家族の誕生日やクリスマスなど年に3~4回ショートケーキを作っていますが、毎回家族や友達にとても喜んでもらえています。

やっぱり日本人は生クリームのケーキが大好きなんですよね。

この記事では、ショートケーキ作りに最適なアメリカの生クリームや、ケーキをよりプロっぽく作れるようになる必須アイテムを紹介します。

アメリカでケーキ作りをしたいと思っているならぜひこの記事を参考にしてください(^^

アメリカで売られているケーキの実態について

まずはじめに、アメリカで売られているケーキについて軽く触れておきたいと思います。

アメリカ在住者ならもうご存知とは思いますが、アメリカで手軽に買えるケーキの多くは派手な色の激甘バタークリームなどで作られているものが多く、白い生クリームでデコレーションされている日本のショートケーキを買えるお店はめったにありません。(都会を除く)

アメリカでもケーキといえばショートケーキだと思ってた……

わたしの住んでいる町ではショートケーキをオーダーできる日本食レストランもあるのですが、50ドルも払ったのに日本のケーキ屋さんとは違ってホームメイド感のある味で「自分で作ったほうがおいしい」と思うレベルでした。

アメリカの大都会に住んでいる方を除き、ショートケーキが食べたくなったら自分で作る方がハズレません。

これから紹介する生クリームを使えば、1ホール10ドル~15ドルくらいでおいしいショートケーキが作れるようになりますよ☆

【決定版】アメリカで日本のショートケーキがおいしく作れる生クリームとは

前置きが長くなりましたが、アメリカでおすすめの生クリームはKroger(クローガー)ブランドのHeavy whipping cream(ヘビーウィッピングクリーム)です。

砂糖を加えて泡立てるだけでデコレーションケーキに使える硬さの生クリームが作れますよ。

Heavy whipping cream(ヘビーウィッピングクリーム)の容量&価格
  • 946ml……約5.5ドル(798円)
  • 473ml……約3ドル(435円)

※1ドル145円の場合

日本のスーパーで買える一般的な動物性生クリームは200ml398円なので、クローガーの生クリームは日本の半額ほどで買えます。

アメリカは乳製品が安いんですよね~。

わたしの場合、18~21㎝型のショートケーキを作るときは473mlサイズで十分。

2段、3段のショートケーキを作るときは600ml~700mlほど使うので946mlがおすすめです。

余ったらコーヒーに入れて飲んでもおいしい。

生クリームを泡てるときのコツ
  • 直前まで冷蔵庫でしっかり冷やしておく(氷水で冷やしながら泡立てるとなお良し)
  • 砂糖の目安は生クリームの10%(生クリーム400ccなら砂糖40g)

アメリカの牛乳の種類についてはこちらの記事でも紹介しています。

あの……クローガーって何?

クローガーはアメリカの東部20州に1,333店舗あるスーパーです↓

Krogerサイトより引用

残念ながら「クローガーを見たことがない」「アメリカ西部に住んでいる」という方は購入できません。

これから紹介するもう一種類の生クリームを使ってみてください。

Kroger(クローガー)が近くにない人におすすめの生クリーム

クローガーが近くにない人には、HorizonのオーガニックHeavy whipping creamがおすすめ。

Horizonは、トレーダージョーズやその辺のスーパーでもよく見かける人気の牛乳シリーズです。

こちらもデコレーションに使えるホイップクリームがかんたんに作れます。

プロっぽいショートケーキが作れるようになる必須アイテム

もしお店っぽいショートケーキを作りたいなら、ケーキの回転台と絞り袋のセットがあると本当に便利というか、これがないと作れないので必須です。

わたしは道具探しでいくつかお店を見て回りましたが、結局Amazon USAで買うのが一番安くていいセットが手に入りました(^^

20ドル以下で買えるので、ケーキを1回作れば元はとれると思います。

わたしはアメリカに住んでから10回くらい作っているので、渡米してすぐに買ってよかったなと思います。

もし急いでいるなら、Amazon USAのプライム会員(30日間無料体験あり)になると2日ほどで配達してもらえますよ。

それからあくまで個人的な意見なのですが、アメリカの小麦粉をいろいろ買って何度もスポンジケーキを焼いてみたんですけど、日本の薄力粉が一番日本のショートケーキに合うきめ細かいスポンジが焼ける!という結論になりました。

アメリカの小麦粉だときめが粗くてボソッとした感じになるんですよね…きっといい小麦粉もあるんでしょうが。

わたしはいつも「Weee!」というアメリカの日本食通販サイトで薄力粉を買っているので、もしまだ利用したことがないなら一度チェックしてみてください。

「Weee!」で日本の薄力粉(1kg)を見る>> 

それから ”少し洋酒を混ぜたシロップ” をスポンジに塗るようになってからは、さらにケーキ屋さんの味に近づいたのでおすすめです。

アメリカでも誕生日やクリスマスにおいしいショートケーキが食べられる!

今回はアメリカでもおいしいショートケーキが作れる生クリームを紹介しました。

誕生日やクリスマスに激甘バタークリームケーキは罰ゲームか…と思ってしまうわたしのような人は、ぜひ家族や友達に本気で喜んでもらえるショートケーキを作ってみてください(^^

それではまた~♪

【アメリカ生活に役立つ情報をチェック】

タイトルとURLをコピーしました